最新の映像
最近撮った写真をジャンルに関係なく載せてあります。


2016.12.31(JT) NGC4793に超新星を発見!!SN2016jfuと認定

 仕事納めのあと、お正月の準備をしながら、連日晴れ間を見せてくれた夜空を掃索していました。
大晦日の明け方の空、NGC4793に超新星を捕らえる事が出来ました。チェック画像で最初は星雲の形が少し変化している様に見え手が止まりました。目を凝らして見ると恒星状の天体があるように見え、もう一枚にも写っていたので移動天体や報告サイトに無い事を確認しTNSに報告をしました。お正月にも関わらず2日までにスペクトルも観測され超新星として確認されました。
AT2016jfu⇒SN2016jfu(Type:UP型)となりました
NGC4793の距離:約1億1千万光年



↑SN2016jfu 発見時の画像
機材:35cmF4.5(f1590mm)反射望遠鏡直焦点  冷却CCDカメラ 光度16.6等
場所:広島市 
2016/12/31  3h11m44s(日本時間) 20s露出




↑SN2016jfu 発見前後の比較





↑2016.06.26 土星
木星、火星、土星と3つの惑星が並んでいたので、思わずビデオの撮れるカメラを購入ファーストライトでこれだけ撮れました。
2016.06.26 21:47 ASI120MC-S 約2分露出 30センチ反射 1590mm
 RegiStax 6



↑2016.06.26 火星
木星、火星、土星と3つの惑星が並んでいたので、思わずビデオの撮れるカメラを購入ファーストライトでこれだけ撮れました。
2016.06.26 21:35 ASI120MC-S 約2分露出 30センチ反射 1590mm
 RegiStax 6



↑2016.06.26 木星
木星、火星、土星と3つの惑星が並んでいたので、思わずビデオの撮れるカメラを購入ファーストライトでこれだけ撮れました。
2016.06.26 20:38 ASI120MC-S 約2分露出 30センチ反射 1590mm
 RegiStax 6



2016.03.07(JT) NGC2444に超新星を発見!!SN2016bamと認定

 10個目の超新星の発見から2年半年、長いスランプでしたが、やっと11個目に巡り会えました。3月7日最初の発見は16.1等級で写っていました。確認のために2日後のわずかな晴れ間を待って撮影しました。最初は写ったり写らなかったりで、星雲が気流のせいで点状に写っただけなのかと思いましたが、何枚かとっている間にコンスタントに見え始めました。しかし暗い、測定すると16.9等でした。どうも確証がないので広島大学に確認をお願いしました。そして11日にやっと超新星であろうとの回答をいただきました。そのときはすでに17.3等まで下がっていました。この現象はショッククーリングではないかとのことでした。まだまだ興味深い現象に出会える喜びを味わいました。
発見報告はTNSへ英語で自分で報告するように仕組みが変わっていましたが、時間をかけてなんとか報告できました。12日にはスペクトルも観測され超新星として確認されました。
AT2016bam⇒SN2016bam(Type:U型)となりました
NGC2444の距離:約1億9千万光年

追記:発見後約20日経ちました。7日目頃から再び明るくなり始め2週目にはほぼ発見時の光度まで回復してきました。一瞬明るくなった時に発見できたようです。ラッキーでした。今後も継続観測を続けます。
追記:発見後約23日でピークに達したようです。



↑SN2016bam 発見時の画像
機材:35cmF4.5(f1590mm)反射望遠鏡直焦点  冷却CCDカメラ 光度16.1等
場所:広島市 
2016/03/03  19h25m31s(日本時間) 20s露出




↑SN2016bam 発見前後の比較